蔵脩館 金王道場について

蔵脩館 金王道場 設立の趣旨と歴史


金王道場は昭和42年3月中旬に創設されました。金王八幡宮境内で遊ぶ子供達に初代館長の比留間 晄(ひるま あきら)先生が声をかけられたのがきっけです。
かねてより、青少年の健全なる育成と日本の将来を担う青少年の指導に関心をもっておられた先生は、即座に青空道場を設立。

私もその時点より先生のお誘いと御趣旨に賛同し、2人3脚で今日までお手伝いをさせていただいて参りました。創設当時の門下生は、6名の児童でした。

昭和50年8月には青空道場に別れを告げ、現在の「蔵修館金王道場」として生まれかわり、現在に至っております。
この道場の設立の趣旨は

・ 児童達に雨、露を凌げる道場を与えること
・ 本当に剣道を愛し、自らを律し、稽古をしたくとも道場のない人達、昇段のために稽古に励みたいが道場が遠い方々に開放すること
・ 他の武道に関する団体等に開放すること

今日まで初代館長の比留間晄先生の主旨が引き継がれています。

比留間館長は平成4年6月10日、享年72歳をもって亡くなられ、2代館長として阿久津啓子先生(比留間晄先生のご長女)に引き継がれました。
しかし、一身上の都合により辞任され平成21年2月、不肖私がその重責をお受けする事となりました。
蔵修館金王道場の伝統と初代館長の遺志に従い、一本の竹刀を通じて青少年の心身の健全育成を行うこと。
剣道に関するものの考え方、理念に基づいて、自己啓発に精進される剣道愛好者と共にその目的の達成のために一層努力を重ね、50年にわたる伝統と武道の殿堂である当蔵修館金王道場を関係者並びに会員と共に守っていきたいと心より願っております。

蔵修館金王道場
館長 安原 信

初代館長 比留間晄先生 遺稿

 これは平成元年に蔵脩館金王道場発足20年を記念し出版された「20年のあゆみ」に掲載された 故比留間先生の「館長挨拶」より抜粋したものです。

~みんなに支えられて20年~

 剣道は全く素人の私、中学生時代正果の剣道をやっただけの私である。 昭和42年春、子供たちの剣道教室を開く話がでた時、まず剣道に関する本を3冊ほど買ってきて読みながら、中学時代に教わった事を思い出し、基本練習を始めた。子供たちにどのように教えたら良いかを考え、指導の順序などをメモして毎日の指導計画を立てたりした。併し矢張りの素人である。

 困っている時に、安原先生が来てくれた、やがて山本、長谷川、久戸の三先生が加わり、広尾の山内先生の指導も戴いた。昭和50年9月、蔵修館道場も出来、広尾の高瀬、菅原、金子の諸先生、猿楽の山中先生も来てくださるようになった。

 その後、岸浪、久我、井上、大塚の諸先生が指導部に加わり、中村、花房の両先生も来られるようになった。最近は道場で、有段者となった伊達、志和両氏も加わった。 折に触れて藤平、星、田中の諸先生にもご指導を戴いた。

 安原先生は、お住まいが横浜に移られた後も、木曜日はお仕事の帰りに、日曜日はわざわざ横浜より指導に来てくださった。 お仕事の関係で昨年よりご指導を戴けなくなった現在、何時も来てくださる久我、大塚の両先生を中心に、山本、岸浪、花房、伊達、志和の諸先生、特に山中先生のご指導も戴いている。
(中村先生は今春より北海道勤務)先輩の中では、岡部、伊東、野崎(潤)、織井の諸兄が次々に中心になって子供達を指導してくれた。 

(中略)

 青少年剣道教室の目的は剣道の修行を通じて立派な日本人を作ることにあると思う。特に私は社会人となった後、何れの職においても指導的立場に立って社会に貢献してほしいと願っている。 だから先輩は後輩の模範となり、後輩を指導する気持ちを常にもってほしいと思っている。指導すると云うことは難しい事であると同時に、自己の修練にも大変に役立つものであるからである。子供が好きでなければ子供の指導は出来ない。 一人一人の子供の性格、心を見長所、欠点を見つけて、その子供にあった指導をしなければならない。又、剣道は基本が大切であると云う。 何事にもそうであるが、基本の修得には大変な努力と忍耐が必要である。 習、性となるまで努力しなければならない。

 昭和59年秋の渋谷区の剣道大会に道場で育った先輩等が一般の部で優勝したときは涙が出るほど嬉しかったが、勝つことよりも、常に基本に立ち返っての練習を怠らないでほしいと思っている。

 最後に、我が国の天皇さまを「神武天皇」と申上げる。「神武」これが日本における武道の心である。又、武道は勿論、茶道、華道なども皆「道」がつき、また武士の魂、商人の魂など「魂」がつく。 皆それぞれの修業、毎日の生活を通じて、人間の「道」を修業し、「魂」を修練することが大切である。
比留間 晄